【CESAアクションプログラム】 人と自然にやさしい道路工事ウォッチング-能登川ひばり保育園

東近江市能登川ひばり保育園にて、CESAアクションプログラムを開催しました。

名称:CESAアクションプログラム「人と自然にやさしい道路工事ウォッチング」
実施日:2016年6月22日
場所:東近江市立 能登川ひばり保育園
参加者:能登川ひばり保育園 31名
工事名:平成25年度 第5−26号 近江八幡能登川線都市計画街路工事
発注者:滋賀県 東近江土木事務所
主催:株式会社橋本建設
内容:工事の説明、電子紙芝居、重機試乗体験、重機見学 等

■オープニング挨拶と送水管工事の話
滋賀県東近江土木事務所樋上(ひのうえ)主任技師、弊社林顧問(当時代表取締役)からはじめの挨拶があり、
住友現場代理人から工事現場での注意事項がありました。
案内役として今村専務理事ことおいもっち先生の紹介がありました。


■環境防人マスターのお話
電子紙芝居 「さがせ橋のお医者さん」を上映しました。

■工事の見学・試乗体験
工事現場を案内し、説明しました。
また、重機の「見て、さわって、乗って」体験をしました。

■オリジナルエコバックづくり
すきなスタンプを押してもらい、オリジナルのエコバックを作りました。