【CESAアクションプログラム】 人と自然にやさしい工事大冒険-旭森保育園

彦根市西沼波町芹川にて、CESAアクションプログラムを開催しました。

名称:CESAアクションプログラム「人と自然にやさしい工事大冒険」
実施日:2019年4月17日(水)
場所:彦根市西沼波町芹川
参加者:園児115名(旭森保育園)
工事名:芹川単独河川改良工事
発注者:滋賀県湖東土木事務所
主催:株式会社橋本建設
内容:電子紙芝居、工事現場の見学、重機の乗車体験、ドローンによる記念撮影等

■オープニング挨拶
滋賀県湖東土木事務所寺嶋技師、NPO法人CESA「おいもっち先生」こと今村専務理事、弊社若松統括部長より初めの挨拶がありました。


■環境防人マスターのお話
電子紙芝居 「みーこさんとていぼうまん!」
人と自然にやさしい工事について、紙芝居をプロジェクターに映してお話する電子紙芝居をしました。
いきいきとした紙芝居に園児たちは見入っていました。
その後、事前に園児に塗ってもらった塗り絵と一緒に記念撮影をしました。

■工事現場の見学
工事現場に移動し、実際に現場で稼動している重機の見学や、試乗体験を行いました。
また、現場代理人の多林から、工事についてわかりやすく説明がありました。

最後にドローンで集合写真を撮影し、カッパをプレゼントしました。
少しでも建設の世界に興味をもってくれたら…と思います。
開催に協力いただいたスタッフのみなさま、ならびにご参加いただいた旭森幼稚園のみなさま、ありがとうございました。